社会人で入学をご希望の方へ

社会人で入学をご希望の方へ Memory of homestay

定年後に開いた新しい人生の扉匿名希望さん

60歳で定年を迎えた、わたしの決意

私は、定年60歳の3月に、St. Mary に入学する事を決めました。定年まで 医療関係の職だった私は、英語は全く学習した事がありませんでした。しかし、入学の動機は、5年かかっても、一生かかっても、英語を何とかものにしたいという、強い願いからでした。

入学時は、英語のレベルが5段階に別れている所、自分は、その5段階にも入れないで、それから1年間は個人レッスンで学習させて頂きました。それでも、外国人の先生のレッスンは殆ど分からなかったと思います。
でも、優しい先生方ですから、雰囲気で解り、よく笑い、そして一生懸命勉強しました。日本人の先生からは、細かい文法の基礎から英語を学びました。

言葉がわかると繋がる、異文化間の心と心

もう卒業して4年目になりますが、今も学校に通って勉強しています。英語が少し話せるようになりましたので、海外旅行をしても世界の他の旅行者と会話ができるようになり、簡単な内容のメールや手紙の交換も出来るようになりました。4年前の自分には考えられなかった事です。

今年は学校の休みにヨーロッパに行きました。そこでイタリアの 主婦の方とお友達になれました。昨年は、アメリカのポートランドに(2度目ですが)若い人達と一緒にホームスティを楽しみました。最初ホームステイした時は何も話せませんでしたが、2度目のホームステイのマザーは、日本でいう助産婦さんでした。自分も医療に長く携わっていましたので、その仕事振りは興味深く、よい体験になりました。

英語がら学んだ、言葉以上の大切なもの

英語を勉強する事は頭の体操です。身体が続く限り英語を勉強して行きたいと思っています。

Native speakersの授業は、何時も新鮮な何かを学びます。又、Nativeの先生方の優しさや考え方には、日本人にはない何かがあり、単純なテキストや単語を学ぶ時も、毎回「なるほど」と学ぶ事が沢山あります。
60歳を過ぎているのになんだか愉快な話ですよね。日本人が忘れてしまっている「ゆとり」や、「わらい」も先生方の言葉で思い出せることも多々あります。

あなたも、ぜひ学校にいらっしゃって下さい。英語ができなくても勉強すればいいので、いま英語力がない事は心配しないでいいと思います。私にとってはむしろ、英語が出来なかったことが、いまの私に出会うチケットになったのですから。

入学式で、若い先輩が1年生の入学者の私達に言って下さった言葉を思いだします。
Knock, and it will be opened to you 「叩けよ さらば開かれん」です。
残りの人生ではなく、新しい人生の扉を開けて下さい。St. Mary でお会いしましょう。

布池外語専門学校お問い合わせ番号

▲ 上へ戻る

一般の方へ

入試情報・資料請求

最新入試情報

今年度の入試日程をご覧頂けます

学校資料請求

入学案内・各種資料請求はこちら

入試事務局問い合わせ番号/052-935-6113/受付時間  月~金(9:00~18:00)