正規留学制度

'日本人の良さ'を持った国際人を育成する教育プログラム

海外に留学して、ネィティブスピーカーと肩を並べて講義を聞き、ディスカッションをし、1週間の内に何冊もの原書を読み、与えられた課題のエッセイを書いて、授業にのぞむためには、TOEFLが要求点に達したというだけでは、成功した留学はできません。

高校卒業後すぐに留学し、語学研修から現地で始める方法もあります。それは、時間と経費に余裕があってできます。又、中学・高校又は、卒業後すぐの留学という場合、語学は、まったくネィティブスピーカーのようになりますが、若くて、考え方が定着していないときの留学ですから、日本的な考え方に価値をおかなくなるかもしれないというデメリットもあります。

布池外語専門学校の正規留学制度は、日本人の顔をしたアメリカ人や、カナダ人、オーストラリア人、イギリス人を育成するのではなく、日本でも海外でも通用できる"日本人の良さを持った国際人"を育成するプログラムと留学システムを用意して、海外留学を成功に導きます。

海外で要求される、自分のことばでの意見づくり

留学先の授業では、「あなたは、どう思うか」という問いかけと、自分の意見を反映した論文の提出が待っています。
この問いかけに答えてゆくためには、常に身の回りの出来事に意識を向け、それに対して意見を持ち続ける習慣が必要です。
本校では、日本文学・日本文化・宗教(禅・仏教)茶道・華道、武道(柔道・剣道・合気)等、日本の文化・歴史を英語で学び、留学先でも一人の日本人として、そして国際人として堂々と意見を述べるための基礎学習を行っています。

「自分の意見を持つ」という視点で勉強するため、どの授業も講師・学生同士の活発な英語での意見の交換があります。

▲ 上へ戻る

西洋式の勉強方法と、奨学金を確保して有利な渡航を実現する留学システム

高校卒後すぐに海外に行きたいと言われる場合でも、最低4月から7月まで4ヶ月は、留学渡航手続きをしながら学習することをすすめます。
その理由は、海外の大学での授業は、日本の授業の仕方とは全く異なるからです。

一般的には「行けば何とかなる」「現地に行って、できるだけ沢山の英語に触れた方がいい」と意見が多く見られますが、それだけでは、ネイティブの話す英語のニュアンスを覚えることに多くの時間を割かれるため、留学の貴重な時間の大部分が英会話の習得だけに浪費されてしまいます。

布池外語専門学校では、半年から2年間しっかりと勉強した上で、現地の大学に3年次から編入することで、時間のロスもなく、英語力も考え方も西洋式の勉強の仕方も身につけて渡航できる、海外大学編入制度を用意しています。
また、留学先の大学でネィティブの学生以上の奨学金を確保できるシステムを取っています。

学生一人ひとりの環境に合わせた、夢をあきらめない留学準備

布池方式の授業は、「留学したいし英語は好きだけど、英語の資格も全くないし話せない」という英語力がゼロの方から、「高校の時に留学し英語力には自身があるけれど、日本の専門学校の卒業資格も取得して海外大学に編入したい」という方。また、昔から留学は夢だったけれど、やっと経済的にも整って、社会人又は定年退職後に留学したいという方など、学生それぞれのニーズに合わせたプログラムもあります。

必要な事は「夢を決してあきらめないこと」「毎日、その夢のために努力する事」だけです。
「心」があれば、必ず「実現」します。慌てなくていいのです。今ここでの努力は、海外での無駄なエネルギーのロスを省き、留学先で精一杯充実した時間を持ち、海外の学生生活が満喫できるように、本校の講師が留学をお手伝いします。

海外で要求される、自分のことばでの意見づくり

アメリカ正規留学を目指し選んだのが、この布池外語専門学校でした。授業はほとんどがネイティブスピーカーによるものなので、入学して最初の一週間は日本にいるのにホームシックにかかるほどでした。

しかし、英語が嫌になった時も、自信を無くした時も、少人数制なので、先生方や先輩方と個別に話す機会も多くあり、たくさんのアドバイスに支えられて、二年間、前向きに頑張る事ができました。布池では、"英語"そのものはもちろん、英語を使っての学科の授業、またアメリカでの行事なども学ぶことができたので、布池を卒業後編入したアメリカの大学での授業や生活にも戸惑うことなく入っていくことができました。

▲ 上へ戻る

学校のご案内

入試情報・資料請求

最新入試情報

今年度の入試日程をご覧頂けます

学校資料請求

入学案内・各種資料請求はこちら

入試事務局問い合わせ番号/052-935-6113/受付時間  月~金(9:00~18:00)